2018年 4月 の投稿一覧

キャッシングの総量規制とは?審査に落ちる理由になってるかも

総量規制について知らず、悩む男性

「返済の遅延もしたことがないのに、全然審査に通らない・・・。」
そんなお悩みを持っている方もいませんか。

信用を落とすようなことはしていないのに、キャッシングの審査に通らないのは不安ですよね。
けれども、金融機関は審査に通らない理由を教えてくれません。
どうすれば良いのかわからなくなる方もいるでしょう。

そんな時に考えるべきなのは「総量規制」というルール。
総量規制によって、キャッシングの審査に落とされているかもしれないんです。

この記事では、総量規制のルールについて解説。
総量規制とは何かが分かれば、どうすれば審査に通るのかも分かります。
参考にしてみてください。

総量規制とは

総量規制とは、年収の3分の1以上の貸付を制限しているルールのことです。
例えば、年収が300万円なら借りれるのは100万円までになります。

どうしてこのようなルールが出来たのでしょうか。
このルールが出来たのには、理由があります。

総量規制ができた理由

総量規制が出来る前までは、「多重債務者」と「自己破産者」の増加が社会問題とされていました。
年収に関わらずキャッシングすることが出来るので、自分の返済能力を超えた金額も借入出来ていたんですね。

国はこの問題を解決するべく、「総量規制」のルールを作ったのです。

総量規制の対象となる主なローン

総量規制は全てのローンが対象となる訳ではありません。
対象と対象にならないものがあります。

対象となるのは「賃金業者」からキャッシングしたものです。
賃金業者とは、主に消費者金融やクレジットカード会社(キャッシング枠のみ)などのこと。
他にもビジネスローンなども賃金業者にあたります。

利用している業者が賃金業者が分からない場合には、金融庁がホームページで提供している「登録貸金業者情報検索サービス 」を使って、検索してみましょう。

賃金業者でキャッシングした分については、新たなキャッシングで年収の3分の1以上にならないか確認されることになります。
つまり、今契約している賃金業者で借りた額の合計が年収の3分の1を超えてはいけないんですね。

総量規制の対象にならない主なローン

では次に、総量規制の対象にならないローンについて解説していきましょう。

それは、主に以下の3つです。

  • 銀行で借入したローン
  • おまとめローン
  • 住宅ローン

この3つのローンは、新たなキャッシングで年収の3分の1になるかどうかを確認されることはありません。
ただし、追加で知っておくべき情報があります。

銀行でも、ほぼ総量規制内でしかキャッシング審査に通らない

銀行は賃金業者ではないので、総量規制の対象ではありません。
しかし今は銀行であっても、総量規制内の金額での借入でないと審査に通るのは難しくなりました。
金融庁から貸付過多を指摘された為です。

銀行だから年収の3分の1以上でもキャッシング出来ると期待して申し込むのはおすすめしません。

おまとめローンは、基本「返済専用」で追加のキャッシングは出来ない

おまとめローンとは、その名の通り借金をまとめるローンのこと。
例を出してみましょう。

例)
Aローンで30万円、Bローンで20万円、Cローンで30万円の借金
→Dローンで80万円借りて3社を完済、以後Dローンで返済を続けていく

このような返済方法になります。

ただ、今おまとめローンは「返済専用のおまとめローンのみ」しか実質契約できません。

これまでは、おまとめローンを組んで返済を続けていくことで、追加でキャッシングが出来ることがありました。
しかし、今後はおまとめローンを組んだらその借金を完済するまでは、追加でのキャッシングが難しくなったのです。

おまとめローンを組もうと考えている人は、注意してください。

キャッシングで総量規制を考える上での注意点

さて、総量規制の対象になるものとならないものについて解説してきました。

ここまでで「審査に通らないのは、すでに年収の3分の1以上キャッシングしてたからだ」と気づいた方もいたのでは。
それなら返済を続けて借入金を減らしていけば、またキャッシングの審査に通るようになります。

しかし中には、「いや、絶対に年収の3分の1も借りていないのに・・。」と悩んでいる方もいますよね。
そんな方に知ってもらいたい注意点について解説します。

限度額までキャッシングしていなくても、限度額まで借りている計算をされる

実は、総量規制以上の借入になっていないかは、「借入限度額を見て」計算されます。
その為、実際には5万円しか借りていなくても、借入限度額が30万円なら、その額だけ借りていると判断されてしまうんです。

一度も返済の遅延をしておらず、かつ年収の3分の1以上のキャッシングをしていない方は、この計算方法を知らないが為に審査に落ちてしまっている可能性があります。
まずは、今借りている金融機関の借入限度額がいくらになっているか確認しましょう。

金融機関の借入限度額が高くなっていたことが原因だった場合には、借入限度額を下げてもらうなどして、総量規制にひっかからない額にしてもらってくださいね。

まとめ

今回の記事では、総量規制について解説してきました。
総量規制が出来た理由などを知ると、私たちの生活を守る為には仕方ないと思った方も多いのではないでしょうか。

キャッシングをする際には、総量規制の問題は避けて通ることが出来ません。
しかし、総量規制があることでお金を借りることが出来ないと悩む時点で、もう追加の借入はやめるべきなんですね。
安全に便利にキャッシングと付き合っていきましょう。

キャッシングの審査は職業も大事?審査に有利、不利なのは?

キャッシング審査通過に関係する職業について悩んでいるサラリーマン

「フリーターだけど、キャッシングできるかな・・。」
「自営業だから、借入の審査に通らないかも・・。」
キャッシングをしたい人の中には、職業のせいで審査に通らないと思う方もいるでしょう。

確かに、職業はキャッシング審査の重要な審査項目の一つではあります。
有利な職業、不利な職業は存在します。
けれども、必ずしも職業だけで審査に通過しない訳ではないんです。

そこでこの記事では、職業が審査でどのように影響しているのか解説していきましょう。

キャッシングの審査で見られること

キャッシングの審査で見られるのは、「返済能力」があるかどうかです。
返済能力とは、「完済できるだけのお金を稼ぐことができる能力」だと捉えるとわかりやすいでしょう。
例えば、今現在無職の人に「お金を貸してください」と言われても、返すアテはあるのかな?と思いますよね。

そこで肝心なのが「職業」なんです。

就いている職業で、ある程度の信用を図る

初めてキャッシングをする人がどんな人物か、金融機関は分かりません。

だからこそ、就いている職業を見て「この職業なら、これだけの年収があるだろう」といった判断になるんです。
金融機関からすれば貸したお金を返してくれる人に貸したいですから、大切な判断基準の一つになりますね。

キャッシングの審査で有利な職業とは

では、ここからはキャッシングの審査で有利な職業を紹介しましょう。

主に、以下の職業です。

  • 公務員
  • 大企業の社員

何故、有利なのか解説します。

安定した収入がある

公務員や、大企業の社員の場合、「安定した収入」が見込めます。

実は年収が高い必要はないんです。
安定して給料をもらうことが出来るかどうかの方が評価につながります。

例えば、公務員であれば会社が倒産することはまずないです。
大企業も同じく、そう簡単に会社が倒産する可能性はないでしょう。

辞める可能性が低く、返済が困難になる可能性が低い

また、公務員や大企業の社員は離職率が低い傾向があるので、「辞める可能性が低く、返済が困難になる可能性が低い」と言えます。

金融機関からすれば、利用者が仕事を辞める可能性が低い方が貸し倒れのリスクも低くなります。
お金を積極的に貸したいと思う利用者と見なされるでしょう。

キャッシングの審査で不利な職業とは

逆にキャッシングの審査で不利になるのは、主に以下の職業です。

  • フリーター
  • 自営業

この職業が審査に不利になる理由についても、解説していきます。

不安定な収入だと判断される

フリーターや自営業の場合、「不安定な収入」だと判断される可能性が高いです。

例えばフリーターは、シフト制で働いている場合には年収にはバラつきが出るでしょう。
自営業の場合も同じく、年収は決まっていません。
「いつ収入が減ってもおかしくない」と捉えられてしまうのです。

雇用が安定していない

また、フリーターや自営業だと「雇用が安定していない」状態とも言えます。

フリーターは正社員などと比べて辞めるのは容易であるとも言えますし、自営業も経営が傾けば無職となってしまうことも考えられます。
返済が出来なくなるリスクが高いと判断されやすいんです。

キャッシングの審査に不利な職業でも借入するには

キャッシングの審査に不利な職業について解説してきました。

しかし、フリーターであってもフルタイムで働いていたり、自営業であっても軌道に乗っていて十分毎月利益を出している方も多いでしょう。
返済能力があると判断されたいですよね。

そういった方がやるべき対策は以下の二つです。

  • 勤続年数を増やす
  • 収入証明書を見せるなどして、収入が安定しているアピールをする

解説していきます。

勤続年数を増やす

例えフリーターであっても、何年も同じ職場で働いていれば「辞める可能性は低い」と判断してもらえる可能性は上がります。
一般的に1年以上勤続年数があれば、ある程度はマイナス要素を減らすことが出来ると言えるでしょう。

収入証明書を見せるなどして、収入が安定しているアピールをする

自営業の方は、収入のアピールが大切です。
毎月利益を出していて、これからも継続して経営可能だということをわかってもらえれば、審査にプラスに働くでしょう。

まとめ

いかがでしたか。
キャッシングの職業が審査にどのように影響しているのか、解説してきました。
確かに職業は、審査通過の為の重要な項目ではありましたね。

簡単にまとめると「安定した収入があれば、審査の通過率は高くなる」ということです。
職業はあくまで、どれくらいの返済能力があるのか図る為の項目なんですね。

自分がどの職業に就いていても、返済できるだけの収入があるなら自信を持ってキャッシング審査に挑みましょう。

Scroll Up